使用上の注意点

エッセンシャルオイルは様々な果実や植物を圧搾法、蒸留法などによって抽出している大変高濃度な液体です。
ですから、熱であぶり、気化させるだけでも心地よい香りを放ちリラックス効果をもたらしたり、集中力を高めたりというように人の神経に大きく役立ちます。
しかし、これだけ濃度の高い成分ですから使用する際に注意すべき事ももちろんあります。
例えば、様々なエッセンシャルオイルをブレンドして作られたボディオイルなどが市販されていますが、それは特別な知識を持った人が肌に安全である濃度で薄めた上で販売しているわけですから、自分のだいたいの感覚でブレンドすると危険です。
あまり濃度の高いものを肌に塗布すると、場合によってはアレルギーを起こすこともありますし、肌が荒れるのはかなり高い可能性をして考えられます。
また、柑橘系のグレープフルーツやレモンなどのエッセンシャルオイルは、光に当たることによって反応を起こし、軽いやけどのような状態になってしまう恐れもありますから、それを塗布した状態で肌を露出して外出するのは避けるべきでしょう。
妊娠中、病中病後の使用ですが、これは特に問題ありません。
どんな状態であれ、使用時の濃度を厳守すれば安心して使えます。

Comments are closed.